作業員

水回りのリフォームは戸建てやマンションによって施工の仕方が変わる

排水溝のつまりの対応策

水回り

排水つまりは、排水溝にゴミなどがつまってしまうことで水が流れなくなってしまいます。浴室や台所、その他洗面所などでも起こりえる可能性があり、自分で修理できない場合は業者へ依頼しなければいけません。突然の排水つまりを防ぐためにも、日頃から排水溝の掃除をしておくのは大事です。

この記事を読む

日常生活のトラブル

修理

冬場に水道を利用した際、配管内に水が残っていると、凍ってしまい配管腐食に繋がる場合があるので注意が必要です。水道配管や排水口の汚れがひどいと水道水漏れが起こりやすいです。なので、汚れを溜めないように普段からのメンテナンスが必要になります。

この記事を読む

シンクが詰まったら

作業員

住まいでキッチンのシンクが詰まると、食事の支度などの時に困りますから早めに修理するのが良いでしょう。自分でパイプクリーナーやラバーカップで対応しても直らないという時には水回り修理業者を呼ぶのがお勧めです。

この記事を読む

マンションと一戸建て

水回り

一戸建ての場合

水回りリフォームは、洗面所やキッチン、バス、そしてトイレを新しくすることです。ただ、リフォームと言っても現在ある物を取り替えるだけならそれほど問題はありません。問題となりやすいのは、水回りの場所を移動するリフォームです。では、一体どのような問題が考えやすいでしょうか。一戸建てとマンションの場合での違いを見ていきます。自己に所有権がある一戸建て住宅で水回りを変更する場合には、大きな制限はありません。マンションのようにコンクリート躯体で制限をされているわけではないからです。問題があるとすれば、排水管の設置です。水回りの場合は、排水管が必ずありますが、排水管の角度が法律で定められています。角度が規定の数値よりも小さい場合には、工事費用が多くかかります。

マンションの場合

マンションの場合は、一戸建て住宅よりも制限があります。一番の制限はコンクリート躯体による制限です。マンションは一つの建物に複数の人が住んでいますが、その所有権はコンクリート躯体で区切られています。コンクリート躯体の外側は他人の所有権になりますので、勝手にリフォームをすることができません。問題になるのは、水回りの変更をして排水管を取り除き、新しく管を敷き直さなければならないときです。もし、排水管が自分の所有して入る躯体よりも下の階の躯体を通っている場合には水回りの変更ができない可能性があります。下の住人に許可を得ることでできることはありますが、下の住人が拒否をすれば諦めなくてはなりません。リフォームに取りかかる前の段階で図面を確認しておくことが大事です。